忍者ブログ
  ちゃんとカテゴリ分けされておりませんので、 記事をお探しならブログ内検索が便利です。 ご活用くださいませー+.(≧∀≦)゚+.゚
Admin*Write*Comment
[511]  [510]  [509]  [508]  [507]  [506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501

さすがに戦いがしんどくなってきました・・・
いろいろ悪戦苦闘したのですが、どうしても開発環境へ繋がらない。

もっと言うと、LAN内異セグメント間通信は可能であるのに、WANには出ない。
なじぇ?
LANもWANもIPアドレスこそ大きく値が違うものの、ネットワークセグメントが異なるのも一緒だし、
なぜ同じように通信できないのでしょうか?

そもそもの構成なのですが、
ルータ -  GWサーバ - サーバ群
の構成で今回ルータがなくなりその機能をGWサーバが兼任することにしました。

でこのGWサーバとサーバ群は似たような感じでもう1セットあって開発環境と呼んでいます。
開発GWSVはルータがなくなっても、グローバルIPはひとつしかもらえないので
スタティックルートをルータから本番GWSVに変更すればそれだけで理論上いきそうですが・・・

なぜかうまく行かない。
本番サーバ群と、開発サーバ群はそれぞれネットワークセグメントを2つずつもっていて、
各GWSVがルーティングとマスカレードを行う。
そして各本番と開発同士で通信は可能であるにもかかわらず、もう一つWANという
ネットワークセグメントには開発環境からは到達しない。

仕方ない、ルーティングの話となれば早くしないと、サーバ機能そのものが停止する。
遊びだけど悠長にやっている暇は今はないので、本番GWSVにもう2つNICを挿し、
開発GWと本番GWを統合する。

そもそもグローバルIPはひとつしかなくネットワークの冗長化は実施しない以上、
開発GWSVは本番GWSVのステージングには成り得無い。
だとすればそもそも開発GWSVの存在意義が無い。
ホストOSのリソースを開放するためにもこの際、なくしましょう。

ということで本番GWSVにNICの追加ー
げ?、いつの間に7つも刺さっていたわ・・・
セグメントもバラバラだし。。。
動くには動くんでしょうけど、、、
整理しますか・・・

と、いうことで
eth0 物理ネットワークセグメント
eth1 本番サーバ群ネットワークセグメント
eth2 本番サーバDMZセグメント
eth3 開発サーバ群ネットワークセグメント
eth4 開発サーバDMZセグメント
eth5 クライアントネットワークセグメント
eth6 DHCPクライアントセグメント
eth7 WAN(DHCP)

と、なった・・・
さぁ、たちあがれインターフェース達よ!
/etc/init.d/network restart

-bash: /etc/init.d/network: No such file or directory

ワァオ♥
debian系列のネットワークのリスタートってどうするのよ?
(._.;)どれどれ
networkingらしいわね(汗
/etc/init.d/networking restart

途中までー
順調にー
来たけどー
eth7にIPがふられなーい!!
どーゆーことよ?

いろいろ調べた結果、どうもeth5に最初IPを振っちゃったから、eth7に貸し出す
分はネーヨ!、って言われているみたいね。
なんかいろいろと、dhclient -r eth5とかしてみたけどダメみたい。
もしかしてリリース期限切れ待ち?
リース期間は6時間みたいだけど、またなきゃなの?

どーにもならなそーなので待ってみることに・・・
はたしてそれでeth7にくるのかどうかも、疑問なのですが、、、

まだ、格闘はつづきそうです。
でわでわ

拍手

PR


8月HOME夏休み

COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
8月HOME夏休み
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
+ハンドル+
y_ayamori(purple)
+職業+
IT系エンジニア
+すまい+
さいたま
バーコード
ブログパーツ
アバター
Copyright © アナログを愛するデジタル生活館 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]