忍者ブログ
  ちゃんとカテゴリ分けされておりませんので、 記事をお探しならブログ内検索が便利です。 ご活用くださいませー+.(≧∀≦)゚+.゚
Admin*Write*Comment
[379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369

さて、しばらくサーバの話から遠ざかっていましたが、あたしんちの自宅サーバ君は死んでおりました。
しかもクリスマスの日に・・・
あんたはイエスか!
サーバは電気代の関係もありまして実家にお住まいさせていたんですが、今日、引き取ってきました。

まぁ、もっぱらkernel panicだろうとたかをくくっておりましたがいざ、電源を入れてみるとそうでもないらしい。
操作はこう。
1、/dev/hda2,/dev/sda1,/dev/hdb1の3つのパーティションと3つのドライブで一つの論理ボリュームを作成
2、再起動後、/etc/fstabを編集するもroot権限でも読み取り専用になってしまう
3、あれこれ操作するうちctrl+sを押してしまう
4、画面のロックとともに色々キーを押してしまい調べがついた後、ctrl+qで開放したら一気にコマンドやら記号やらを実行
5、suができなくなる
6、新規teratermからはログインができなくなる
7、root権限が得られないため、実家に電話し電源を落としてもらうも反応無し

今日までの考察
ログインができない=サービスが立ち上がらない=OSが立ち上がっていない(のでは?)
1、論理ボリューム作成時にfdiskなど危険なコマンドを使用したため、ファイルシステムが壊れて起動不能
2、主要パーティションを変更したにもかかわらず/etc/fstabを変更できなかったため、起動時にマウント作業がうまく働かず起動不能

上記のいづれかを主要要因と考えつつも一度は再起動に成功し立ち上がっている事から可能性は薄いと思われた

実際の状況
BIOSがハードディスクを異常認識(/dev/hda)または認識していない(/dev/hdb)。

対応
OSの再インストール

対応の時点でインストール先パーティションが正常に生きている事からハードディスクの故障ではない事を確認。
影響の無いほぼすべてのパーティションを現状維持で再インストール⇒成功
けれども起動はできず。
Shellだけでも救いたいとクノーピクスを持ち出すもKernelPanicに陥る。
プライマリスレーブHDD(/dev/hdb)をプライマリマスターに変更し、元プライマリマスタードライブは取り外し、新マスタードライブでOSをいれ、元マスタードライブをマウントしデータの救出作戦を図る。
しかし旧スレーブドライブは認識されず。
旧マスターのみで再び起動⇒成功

原因
プライマリスレーブに接続されたHDDが何らかの形で逝ってしまい論理ボリュームで結合されたプライマリマスターHDDの一部との干渉が起きてしまい起動が不能になった。
その後も異常ドライブが接続された事により、正常のドライブの認識にも失敗した。

対処
プライマリマスターのみの運用にする

今後の対策
物理的要因のため対策不能

残障害
OSの再インストールを行い、且つ、旧システムを残したため基本コマンドなど一部のシステムに新旧のバージョンで二重にシステムがインストールされてしまった

残障害対処
二重になってしまったシステムパッケージは旧バージョンを削除する

残障害に対する対策
システムの再インストールにかかわる項目/etc / 等はフォーマットしても良いよう、バックアップするとともにパーティションを区切る

3時間悩んで出した結果が以上です。。。
はぁ。。。
ホントに疲れました。。。

拍手

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
+ハンドル+
y_ayamori(purple)
+職業+
IT系エンジニア
+すまい+
さいたま
バーコード
ブログパーツ
アバター
Copyright © アナログを愛するデジタル生活館 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]