忍者ブログ
  ちゃんとカテゴリ分けされておりませんので、 記事をお探しならブログ内検索が便利です。 ご活用くださいませー+.(≧∀≦)゚+.゚
Admin*Write*Comment
[366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355

未だにインストールの段階で躓いちゃっていますね。
難しいです、Linuxって。
でもこれがあれこれ考えるのがスキだとおっしゃるならやはりはまるでしょうね。
あたしは好きです。
がんばろーー

前回のメッセージから・・・
need autoconf 2.53 or later to build samba from SVN
と出てあたしは詰まっていましたね。
need...求められている。
ならば、autoconfとやらを導入しようじゃありませんか。
or と書かれていたので、SVNまたはautoconfが必要なのかと思っていましたが、どうも違うみたいなのでこの際autoconfも導入してしまいます。
ええ~い!
ど~にでもなって~ん。
だって、大雑把な、O型ですから~~

・autoconf の入手
$ wget ftp://ftp.gnu.org/pub/gnu/autoconf/autoconf-2.61.tar.gz
$ mv autoconf-2.61.tar.gz /usr/local/src/
$ tar zxvf autoconf-2.61.tar.gz
$ cd autoconf-2.61/
$ ./configure

configure: error: GNU M4 1.4 is required

・・・なんかまたエラーが出ていますが・・・
れくぃれど。。。?
リクエストみたいな響きがありますからたぶんこれも依存なんでしょう。
ちょ~~~適当ですが、結構プロの現場もこんなもん。
(それはあたしが初心者だからかもしれないけれど)

$ wget ftp://ftp.gnu.org/gnu/m4/m4-1.4.9.tar.gz
$ mv m4-1.4.9.tar.gz /usr/local/src/
$ cd /usr/local/src/
$ tar zxvf m4-1.4.9.tar.gz
$ cd m4-1.4.9
$ ./configure

configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH
See `config.log' for more details.

ん?
なんか最後にまたエラーが出ましたね。。。
そのまんまを検索にかけるとgccがないと突っ込みを食らっている同類さんがいます。
なのでgccをゲットしましょう。

$ wget ftp://ftp.gnu.org/pub/gnu/gcc/gcc-4.2.2/gcc-4.2.2.tar.bz2
む?あたしの嫌いなgz2形式の圧縮ですね・・・
つーか、、、重!!!
$ mv gcc-4.2.2.tar.bz2 /usr/local/src/.
$ cd /usr/local/src/

$ bunzip2 gcc-4.2.2.tar.bz2
これまた、重!!!!

$ ls -la 
gz2が取れたことを確認

$ tar xvf gcc-4.2.2.tar
またまった、おも!重!!

$ cd gcc-4.2.2
$ ./configure
configure: error: no acceptable cc found in $PATH

どんだけ~~~?
またまた、この手のメッセージ?
思わずさびれかけたフレーズが飛び出てしまうわ・・・


と、言うわけで、今日はここまで。。。
進展無いなぁ・・・
あたしはそれなりに楽しいんですけどね。


でわでわ~~~

拍手

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
+ハンドル+
y_ayamori(purple)
+職業+
IT系エンジニア
+すまい+
さいたま
バーコード
ブログパーツ
アバター
Copyright © アナログを愛するデジタル生活館 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]