忍者ブログ
  ちゃんとカテゴリ分けされておりませんので、 記事をお探しならブログ内検索が便利です。 ご活用くださいませー+.(≧∀≦)゚+.゚
Admin*Write*Comment
[538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527


MySQLのテーブルに格納されたコマンドをシェルのコマンドラインで実行する方法

mysql --default-character-set=utf8 --host=localhost -u root -p`cat /etc/psa/.psa.shadow` --database='database' -e"select command from command_table ;"  -B -s | sh

--default-character-set=utf8
文字コード指定は必要に応じてどうぞ

--host=localhost
ホスト指定も必要に応じてどうぞ

-uroot
ユーザ指定は必須ですが、どのユーザを使うかはシステムにあわせてどうぞ

-p`cat /etc/psa/.psa.shadow`
パスワードはノーパスにしていることはないでしょうけど、ライン入力か
直接指定かは必要に応じてどうぞ
ちなみにプロセスを確認するとパスワードはマスクされます。
そのためパスワードファイルの場所をうまく隠せば案外使いようはあります。

--database='database'
データベースの指定は必須です。
--database= と記述するかどうかはご自由にどうぞ

-e"select command from command_table ;"
SQL文を-eオプションに引き渡します
この時出力される結果がコマンド文になるようにカラムに格納しておきます

-B
バッチモードで出力します
要は枠線がなくなります
出力結果から直接コマンド実行する場合は必須かもしれません

-s
サイレントモードで実行します
カラム名(見出し)が出力されなくなります
出力結果から直接コマンド実行する場合は必須かもしれません

 | /bin/sh
出力結果をシェルに渡します
shを使うかbash かcsh かzshなのかはお好みと要件にて

でわでわ

拍手

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
+ハンドル+
y_ayamori(purple)
+職業+
IT系エンジニア
+すまい+
さいたま
バーコード
ブログパーツ
アバター
Copyright © アナログを愛するデジタル生活館 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]